安眠を得るために食べたい食べ物

安眠を得るために食べたい食べ物

安眠を得るために食べたい食べ物

安眠を得るためにはじつは食物も関わりを持ちますので、良い眠りを得られる食物と、妨げてしまう食材を知っておきましょう。

 

人間がそれを口にすることで妨げてしまうのは、お腹に入ってから消化のために、時間が長くかかる食材です。

 

夜の眠りの時間が近づいてきたときには、無駄に体温を上昇させないようにします。

 

人間の体温と眠気がやってくるリズムというのは関わりがあり、夜の時間になると人間の体温は、自然に1度位は下がります。その体温が少し下がるのとともに、自然に眠さがやってきます。就寝前に体の温度が下がらないことがありますが、その理由として食事が関わります。

 

人間は食事を食べて生きている生き物ですが、眠る前に胃腸の中に食事したものが入っていると、消火活動が活発になりますので、体温は下がることができなくなります。胃腸の中にいつまでの滞留をしやすい食材であると、夜の良い眠りを妨げることとなります。

 

日本人も大好きな天ぷらなどは、まさに代表的な揚げ物です。消化のために井の中に滞在をするのは、4時間以上の長い時間がかかります。焼肉やステーキなども人間は好きですが、このコンビは脂質とタンパク質であり、胃の中へ入ってからの消化には長い時間が必要です。ステーキや揚げ物類は、軽く4時間以上はかかりますので、肥満への一歩を進むとともに、眠れない時間が過ぎていきます。

 

食べてから胃の中にどれくらいの時間、そのまま停滞をするかを調べてみると、油と肉のコンビはとても長く、白米やパンなどの炭水化物も軽く3時間はかかります。これは単独で食べた時間帯なので、複数の食材を口にすれば、もっと消化時は時間がかかりますので、眠りは遠くなります。

 

胃腸の中で完全に食物の消化がされないと、絶対に眠れないとは言えないですが、食べてすぐの睡眠は。居眠りにはつながりにくいです。夜の眠りは健康の上でも重要な役割なので、就寝する時刻の3時間から4時間前には食事を終わらせておき、ある程度の消化をさせておくことで、眠りの妨げにはなりにくくなります。

 

食べたら眠くなると言いますが、胃の中にたくさんの食物が入ったままだと、眠りは浅いものとなります。人間は深い眠りがないことには、脳と肉体の休息はできません。浅い眠りが毎晩続いてしまいますと、寝ても疲労感は癒されないという、本末転倒な結果になります。おなかの中には本当は、眠るときには何もないくらいの方が良く眠れます。

 

深く良い眠りを求めるのであれば、食材には意識を持つべきでしょう。特に注目されている、トリプトファンの栄養素は、快眠を導くとされています。アミノ酸の一つであるトリプトファンは、肉体への吸収後に眠りのホルモンである、メラトニンへと変わります。脳の中でメラトニンがたっぷり出てくると、自然に人間は眠くなります

 

メラトニンの成分は人間の温度を少しだけ下げて眠りにつきやすくさせますし、副交感神経を夜の時間に優位にさせてくれます。だから食事で必須アミノ酸であるトリプトファンを摂取して、それが脳内物質のセロトニンとなり、そこから睡眠ホルモンのメラトニンに変わって眠りは快適なものとなるという流れは出来上がります。

 

トリプトファンは身近な食材に多く含まれていて、魚や穀類に肉類、豆や乳製品にも含まれています。動物性タンパク質である、魚や肉を食べて、チョコやスナックは控えましょう。代わりにおやつを食べたいならば、ナッツをつまむ程度にしましょう。

 

夕食のメニューには刺激の強い食べ物は控えたほうがいいので、寝る前に辛口のカレーやチリソースのキムチなど、辛いものは控えたほうがいいでしょう。体温が上昇をして眠れなくなりますし、無駄に胃腸は活性化してさらに目が覚めてしまいます。

 

夜お腹がすくと感じたら、カップラーメンやおにぎりなどを食べたりはしないで、バナナを1本食べるようにします。低血糖を解消してくれますし、バナナにもトリプトファンが豊富であり、ナイアシンやビタミンB群も多いために、入眠が促されます

 

夕食では眠りに入りやすい食材を、献立に加えてみましょう。独特の香りのするセロリには、アピインが含まれており、強い香りの精油成分です。セロリの独特の香りは、メンタルを安定させる成分で、緩やかに良い眠りをもたらす事になります。スープやサラダに入れて、セロリも食べてみることです。

 

ミツバはメインディッシュにはなりませんが、良い眠りをもたらす野菜です。ミツバはβミルセンの成分を含むために、その鎮静作用が入眠に役立つわけです。ミツバがもつ香りの成分であり、心地の良い眠りを誘うために、ミツバも活躍です。

 

眠りにはビタミンB群が必要であり、そのビタミンBはシジミにたっぷりです。ビタミンB12が特に眠りと深く関わりますが、ほかのビタミンの栄養も必要であり、総合的にビタミンB群の栄養をもつのがシジミです。だから夜の食事には、シジミのシソ汁もいいでしょう。

関連ページ

カフェインが睡眠に及ぼす影響
勉強や仕事などの大事な場面で活躍する時に、目を覚醒させるために取り入れることが多い、コーヒー、紅茶などに多く含まれるカフェインは上手に利用すると非常に役に立つものですよね。しかし、場面によってはマイナスになる場合も!ここでは、カフェインが睡眠に及ぼす影響についてわかりやすく解説していきます。
お酒が睡眠に及ぼす影響
美味しいだけでなく、酔うと日常生活の憂さを忘れられる特殊な飲み物がお酒です。このお酒も適量であればストレス解消にも効果がありますし、健康に役立つ場合もありますよね!しかし、睡眠にはマイナスな存在?ここでは、お酒が睡眠に及ぼす影響についてわかりやすく解説していきます。